So-net無料ブログ作成

STAP細胞 小保方晴子が 虚言癖ということで終るのか [研究]

小保方晴子さんSTAP細胞の発見の
ために歳研究をされていましたが
残念ながら発見されませんでしたね。


obokataharuko3.jpg


このことで彼女には虚言癖があるのでは
という噂がありましすが、実際に
証明はされていません。


虚言癖はとらえる側によってどうにでも
とらえられるので、これは本当か
どうかだと思われます。


小保方晴子さんはSTAP細胞を見つけられなった
ことで、退職願いを出してそれが受理されました。
なかなかこれだけの問題を起こしてこのまま理研に残るのは出来なかったからでしょう。


このことでSTAP細胞は存在しなかった
ということで結論でてひと段落ついたと
いうことになります。


今後、小保方晴子さんがどのように
されるかはわかりませんが、動きがあれば
また報道されるのではないでしょうか。


STAP細胞問題が小保方晴子さんの
虚言癖なもので終わるのはすごく残念だが
何故、ここまで来るまでに検証をしなかった
ということの疑問が残る。


おそらくこのSTAP問題については理研は
追及はしないように思われる。
この問題は小保方晴子さん一人の責任のようにしてこのままで終わるのだろう。


STAP細胞が出来た時の期待感は
難病の人たちにとってすごいものだっただけに
残念です。


今後もチャレンジする人が出てくる人に
期待をしたいですね。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。