So-net無料ブログ作成
検索選択
DVD ブログトップ

駅 高倉健 のあらすじ [DVD]

名俳優の高倉健さんが11月10日に
亡くなられましたね。
その高倉健さんの代表作の一つの駅
あらすじを書こうと思います。





この駅は1981年に作られたもので
北海道が舞台となっていて、監督は降旗康男さん
脚本が倉本聰さん、主演は高倉健さん
その他のキャストは倍賞千恵子さん
いしだあゆみさん、烏丸せつこさんなどです。


駅のあらすじは
北海道警に勤務する三上英次(高倉健)が
妻の直子(いしだあゆみ)と気持ちがすれ違い離婚をする。


その傷ついた気持ちを引きづりながら
検問を行う。
その検問中に英次の上司の相馬が目の前で
連続警察官射殺犯で指名手配だれている
森岡茂に射殺される。


英次はその犯人を捕まえたく捜査に加わりたいのだが
オリンピックの出場が決まっている英次を
みて、上層部は英次を捜査からはずしてしまう。


その英次の妹が見合い相手と結婚することになった。
オリンピックの練習すると同時に留萌で
赤いミニスカートの女性だけを狙う通り魔事件
通り魔を追っている時に吉松すず子(烏丸せつこ)の
兄の五郎が容疑者として捜査線上に浮かんでくる。


しかし、すず子の兄は行方をくらまし
何処にいるかわからないので妹の
すず子に居場所を聞くがつかめないので
すず子の彼氏のチンピラが協力した
おかげで容疑者を逮捕する。


五郎は裁判により死刑を宣告される。
その後、五郎の死刑が執行された。


執行までの4年間英次は五郎に
差し入れをしていたのだが
執行後は、五郎の墓参りをする。


その後、年末に桐子とい居酒屋にはいる。
その女将の桐子(倍賞千恵子)と意気投合し
一夜をすごす。


大晦日に桐子と初詣に行く
その時桐子を見つめる男がいた
まさにその男は・・・・・といった感じになります。


駅のあらすじはこのような感じですが
意外な結末がまっていますが
高倉健さんとそれをとりまくキャストの
人間模様がすごく出ている作品だと
思います。


タグ:駅 高倉健
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
DVD ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。