So-net無料ブログ作成
伝染病 ブログトップ

エボラ出血熱の 日本の 対策 空港では [伝染病]

エボラ出血熱も最近はアフリカだけでは
なくなり、日本でも上陸するのでは
ないかという不安も多いようです。


実際に空港で疑いのある人が
病院で検査され隔離されえるという
ことが現実に起こり対策がどのように
されているかが、テレビで報道されています


現在のところ日本の対策は瀬戸際対策が主に
されていて、空港でセンサーを使い
発熱をしているかどうかを調べている
ことが主になっています。


しかし、エボラ出血熱は潜伏期間が2日~21日
幅があり、空港だけの発熱センサーだけでは
防ぎきれないように思われます。


エボラ出血熱は潜伏期間の間は感染することは
ないらしく、発熱し発症して初めて
感染する可能性が出てきます。
また空気感染はしないということ
感染者の体液や血液に触れないことが
重要とされています。


またアルコールの消毒が有効
ノロウィルスのように耐アルコールの
ウィルスではないことから
一般で消毒がしやすいところもあります。


日本の今のエボラ出血熱対策は空港で発熱が見つかれば
まず、エボラ出血熱に対応している
医療機関に入院させ隔離し、
国立感染病センターで血液検査をし
感染しているかを確認することになっています。


その後感染していなくても、数週間は
状態をみて完全に感染していないことを
確認するというようになっています。


このように空港での対策は万全に
なっていますが、その後入国しての 対策はどのようになっているかは
まだはっきりしていなく、またそのような
状態が起これば、またはっきりするでしょう。












伝染病 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。