So-net無料ブログ作成
検索選択

中国漁船 サンゴ密漁で 撃沈の声も [密漁]

中国漁船が小笠原諸島にサンゴを
取りに来る映像やニュース
毎日のように報道されています。


日本の今の取締が難しく
このまま撃沈したらという声も
ネット上で言われています。


確かに100隻以上の密漁船
きては防ぎようがなく撃沈してしまう方が
確かに確実で、その後は来にくくは
なるでしょう。


しかし、中国船を撃沈すれば
さすがに中国も黙っておらず
国際問題になるのでその選択肢は
日本ではないでしょう。


他の国では領海をおかせば
撃沈もありますが、それを
しないのが日本のいいところかもしれません


だが、このままサンゴを密漁している
ことをゆるすのは、ダメなので
どのような策をたてるかが問題になります。


中国政府にも中国漁船の取り締まりの
強化をお願いしているが
だんだん増えているということは
余り取り締まりじたいが余りされて
いないように思われます。


小笠原諸島は世界遺産にも登録をされていて
このままサンゴの密漁をゆるしてしまうと
自然が壊れ世界遺産としての
価値がなくなり、世界遺産の登録が
なくなるかもしれません。


サンゴは日本より中国で売るほうが 高値で売れる為、覚悟してきてるので
こちらもその覚悟で行かないといけない。


サンゴは大事な海の貴重な資源なので
なんとか阻止をしてほしいですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。