So-net無料ブログ作成
アフリカ ブログトップ

シエラレオネ の平均寿命 が短い理由 [アフリカ]

シエラレオネという国がエボラ出血熱の
感染を防ぐために、外出禁止令を
出しましたね。


それでなくてもシエラレオネは
平均寿命が短くその理由もわかっています。


その理由はシエラレオネの新生児
5歳未満の子供、妊婦の脂肪率が
すごく高いということです。


5歳未満の死亡率が4分の1以上で
言えば4人に1人は5歳まで
生きられないということです。


また衛生的に悪い環境
きれいな水が飲めなかったり、
栄養が十分取れなかったり
十分に医者にもかかれないなどの
理由もあり、平均寿命が短いということです。


さらに育児や病気に対する知識も
余りないのも理由の一つにあげられます。


一番の理由はやはり貧しいことでしょう


シエラレオネはこういった環境を考えての
外出禁止を政府が出したのでしょう。


なのでエボラに感染して亡くなる人が
出れば平均寿命がまた下がるんじゃ
ないかとおもったかもしれません。


エボラはかなりの勢いで
広がり、かなりの死者がでるだろう
と言われたいます。
そのためにワクチンや薬になる
ものをさがしています。


シエラレオネだけでなく今はアフリカ全体が
その危機に面していることも
感じ取られます。


アフリカではシエラレオネのうな
環境の国がまだあるようなので
感染が広がるとかなり深刻になります


今は世界ではエボラを終息に
向かわすために手を打っているので
うまく終息になればいいですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
アフリカ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。