So-net無料ブログ作成
検索選択

iPS細胞 実用化まずは 網膜から [難病]

iPS細胞が実用化をめざして
いろいろ研究されてきましたが
いよいよ実用化が本格的に
なりましたね。


まずは、患者が多い網膜の病気から
行うようですね。


加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)という
病気はこの病気の患者は約70万人とも
言われ、9年間で約2倍の患者数に
なっていると言われています。


この病気は景色が歪んで見えたり
一部が黒くかけて見えたりする
ことで、ゆくゆくは見えなくなるよ
いう怖い病気でもあります。


この病気は加齢によっておこる
病気で年齢がいけば、誰でも起こりうる
病気ともいえます。


黄斑は網膜の中心にある小さな部分の
ところで、名前の通り黄色い色しています。


加齢黄斑変性はここが正常に働かなくなること
で起きる病気になります。


iPS細胞はこの部分を正常に働かせ
今、歪んで見えたり、かけて見える
見える目を正常に見えるように
することです。


言えば網膜を再生になるんでしょうね。


山中教授がiPS細胞を見つけ出し
難病とされる病気を持つ人に
とって、すごく勇気づけられてたでしょう。


iPS細胞の発見した
当初で加齢黄斑変性は患者数が多いことで
まず最初に治療に関する研究をすると
言われ、この研究が進むと他も目の網膜の
病気の人にも希望が持てるでしょう。


またiPS細胞の再生医療がこのことで
成功すると、当然他の病気にも応用され
難病とされる患者の人たちに
希望が持てることになるでしょう。


諦めてた人にとってこれほど
うれしいいことはないでしょう。


本当に成功をしてほしいですね。












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パーキンソン病 の有名人にはこんな人も [難病]

今、IPS細胞が出てきて
これからいろいろな難病の
治療に活躍することが
期待されています。


その中の難病の一つパーキンソン病があります。
この病気にかかった有名人は結構います


最近知られているのは
カナダ出身のの俳優マイケル・J・フォックスさん
日本では小説家の山田風太郎さん
芸術家の岡本太郎さん、小説家の江戸川乱歩さん
小説家の三浦綾子さん、映画評論家の小森和子さん
などがおられます。


また外国でも政治家の鄧小平さん
アメリカボクサーのモハメド・アリさん
ドイツの政治家アドルフ・ヒトラー、
ローマ教皇のヨハネ・パウロ2世
アメリカ女優のキャサリーン・ヘプバーンなど
多くの有名人がいます。


パーキンソン病は脳の神経細胞が減っていき
手足の震えや筋肉が硬直したりする
病気です。


今は治療方法がなくこの病気で
苦しんでいる人たちが多いとされます。


山中教授のIPS細胞の開発
このパーキンソン病の患者の人たちに
希望がさし、今後の治療方法が
開発されることに大きく期待されています。


また他の難病と言われる病気も
パーキンソン病と同様研究が
されています。


今までパーキンソン病にかかった有名人たちも
治療方法を待っているでしょう。


もう亡くなられた有名人も
いますが、また治療し、よくなって
舞台に立ってほしいという人たちも
いることでしょう。


またなぜこのような病気になるのか
という原因もわからないので
治療方法だけでなく原因もわかれば
これからの予防方法も出てくるかもしれません。


本当にこの世界から難病という
病気がなくなればいいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。