So-net無料ブログ作成
検索選択
原発問題 ブログトップ

吉田調書 朝日新聞 が捏造したのはなぜ [原発問題]

福島第一原発で指揮をとっていた
吉田昌郎元所長の記録で
吉田調書が発表されたが
朝日新聞社がこれを捏造(ねつぞう)したようなことが報道された。


その内容は東京電力の社員が
事故が起きたとことから逃げ出したという
ようなニュアンスで記事を書いたことで


これについては、社長が謝罪ということで
これからの部署の改革が必要と
考えているようです。


吉田調書はガンで亡くなられた
吉田所長が現場で起きたことを
うそなく、そのまま書かれたものです。


朝日新聞はこのことをわかっていると
思うのですが、やはりそこは新聞
読者に興味を持たそうとしている
ことと、これによって部数を増やそうとかの
考えもあったと思われてもおかしくないですね。


しかし、捏造をしてもいずれは
わかることなのと、それ以上に
信用を失うことはさらに大きいことです。


この吉田調書は亡くなられた吉田所長が
本社の社員待機命令を無視してまで
撤退を命じたと言うことを無視するような
ことになるのでわ。


ここはすごく重要な部分で
本人の名誉なところもあるので
捏造は決してしてはならないところでも
あるように思われます。


朝日新聞社は他でも捏造な記事を
書いたと言われていますが
「本当にどうした朝日新聞」という
声が聞こえてきそうな感じです。


朝日新聞には本来の新聞が
するべきことを皆が願っているん
じゃないんでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
原発問題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。