So-net無料ブログ作成
感染症 ブログトップ

エボラ出血熱 日本で 対策の 病院は? [感染症]

アフリカで猛威をふるっている
エボラ出血熱ですが
もし日本で感染者が出た時に
対策や対応してくれる病院
などはあるのかが心配されます。


既にアフリカだけでなく
アメリカやスペインなど
アフリカで医療活動をしていた
医師や看護師などが感染して
エボラ出血熱への対応が
あまかったことが指摘されています。


今、日本での対策は瀬戸際の形で
空港などで海外からの旅行客や
帰省者にたいして発熱をしていないかを
調べるチェックをしています。


また感謝が出た時に収容する病院なども
報告され、完全な隔離を行い
そのシュミレーションなども行われています。


日本でエボラ出血熱感染者に対応する機関は
45施設で、今後感染者が出た時に
即時に対応します。



ただ47都道府県全部に指定病院がなく
次の9県、青森、宮城、秋田、石川、香川 愛媛、大分、宮崎、鹿児島には指定する病院が無く
もし感染出た時の対策は隣県に
ある指定病院に行くということになります。


また最近日本のインフルエンザウィルス
効果がある薬がエボラウィルスに効果があると
報道され、海外での承認が話題になっています。
これから海外での承認されればかなり
必要になるでしょう。


一番はエボラウィルスをまず日本国内に
持ち込まないことだが、それは
なかなか難しくなるかもしれない。


これだけ海外からの人の流れが
多いので、日本への上陸も
時間の問題かもしれない



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

デング熱 症状 子供 発疹はあとが残るの? [感染症]

デング熱の感染が今現在増える中で
今一番心配なのは老人や子供など
体の弱い人への感染が心配になります。


症状としては目の奥の痛みや嘔吐、下痢などが
あり、デング熱特有の目の奥の痛み、発疹と
いうものがあります。


小さい子供では症状が出てもうまく
親に表現できないため、重症化
する恐れもあります。


症状は大人も子供も同じようです。


また発疹が出た時もかゆみは個人差が
あり、かゆくない方が多いみたいです。


また発疹はアザのような感じで
出てくるみたいですが、デング熱が
治るとそのアザのような発疹は
消えて、残ることは無いようですね。


子供を持つ親としてはアザなどが
残るのかと心配になるのは
当然だと思います。


このデング熱ウイルスにはインフルエンザのように
型があり、Ⅰ型からⅣ型まであるそうです。


日本でのデング熱ウイルスはすべてⅠ型だそうです。


例えばこのⅠ型に刺された感染者が
デング熱を発症し、完治した後に
再びⅠ型をもった蚊にさされても
抗体があるため、発症しないく
症状の発疹などもでないようです。


しかし、別の型のウイスルを持った蚊に
さされると重症化しやすいと言います。


子供はなおさら重症化しやすいので
危険度が増すわけですね。


特に10月は産卵活動
増える為、刺されるのが
多くなるので気を付けないといけません。


子供を連れて公園に行きたいとこrですが
この時期を少し我慢して
蚊の活動時期を裂けるしかないですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
感染症 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。