So-net無料ブログ作成
病気の感染 ブログトップ

デング熱 蚊の 卵は 感染しているのか [病気の感染]

デング熱の感染者が毎日
増えて広がっていますね。


デング熱ノウイルスを持った蚊が
まだ発生場所の代々木公園に
いていることがわかったいっそう
警戒しないといけない感が
強まります。


今は蚊の生息などが心配されていますが
活動期間は10月くらいまでとされています。


その後はそのデング熱ウイルスに感染した
蚊が卵を産み、その卵が
越冬し、ふかするかが心配されます。


媒介するヒトスジシマカは越冬しないと
言われていますが、卵に関しては
越冬すると言われています。


それでデング熱ウイルスを持った蚊の
卵にデング熱ウイルスが遺伝するか
ということが一番の心配になります。


実際の報告では卵への感染
ないとされています。
しかし、ほかの報告では
あるとも言われ、絶対にないと
いうことは言い切れないところもあるそうです。


まず、今できることは感染した卵だけでなく
身近に蚊の卵を産む場所を作らない
いうことです。


蚊の卵を産む場所は古い放置タイヤや
植木鉢のしたにある水を受けるものや
水たまりなど水気のあるところほとんどです


まずはそのような場所を作らないことと
卵を見つけたら、除去すると言うことです。


池などがあるところは
魚などを飼って、卵からかえった
ボウフラを食べてもらうなどの
対策も必要でしょう。


越冬した卵がふかし
蚊になったときまたどのくらい
感染者が出るかでないのかは
本当のところはわからないかもしれません。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
病気の感染 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。