So-net無料ブログ作成
病気感染 ブログトップ

デング熱 症状の発疹に注意 [病気感染]

デング熱10代の女性が
発症した後、同じ学校に通う
男女が感染してたことが
わかりましたね。


このデング熱はヒトスジシマカが
感染した人を刺した後に
刺されると感染するという
感染ルートがわかっています。


ではこのデング熱の症状はどのような
ものなのでしょう。


まず刺されると高熱が出て、頭痛などが
出ます。
この症状を見ると、インフルエンザと
間違えられる事があるそうです。


次に2~3日後発疹が出てきます。
その後も発疹が出てはしかと間違えられることも
あるそうです。


発疹に関しては2割くらいの人は
出ないこともあるようですが
発疹は皮膚を押しても消えないで
そのまま残るのもで、まれに
口や鼻から出血もあるようです。


発疹は水疱瘡や風疹のような
かゆみは無いそうですね。


このデング熱はワクチンや治療薬が無く
今は自己治癒力で治すしかないようですね。


ただ高熱が出るので
水分補給はしっかり
取ることが大事。


このデング熱は熱帯地方に多く
感染した女性は感染した人の
血を吸ったヒトスジシマカが
その女性を刺したと考えられ
渡航歴のない人が発症するのは
70年ぶりだそうです。


ヒトスジシマカの生息は年々
北上していて、東北全土まで
可能だそうです。
これを見るだけでも温暖化が進んで
いることがわかります。


温暖化が進めば、デング熱だけではなく
熱帯の病気が日本でも発症する可能性が
かなり高くなっていきそうですね。


これ以上感染者を増やしたくは
ないですね。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
病気感染 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。