So-net無料ブログ作成

エボラ出血熱 日本で 感染者が [感染]

エボラ出血熱が日本で感染者が認められたら
どんなことになるのか想像したことが
あるでしょうか?


それが実際に起こった感じがあるのです。


今週アフリカから帰国した日本人が成田で
エボラ出血熱に感染してる疑いが
あることがネット上にでていました。


今はアフリカですごい勢いで
感染者が増え、このままだとかなりの
死者が出ると言われています。


今の日本ではアフリカという遠い国の
話で、関係ないと考えてる人も
多く、深刻感がないのが事実です。


しかし、これだけ日本と海外の交流
多いので、エボラ出血熱の感染者が
見つかっても不思議ではありません。


エボラ出血熱には治療薬もなく
ワクチンもないので、死亡率が高く
今、日本で感染者出ているデング熱どころでは
ありません。


空気感染はしませんが、汗や血液から
感染するので、感染者と接触を
しなければ大丈夫なところがります。


しかし、感染者が見つかったという 報道もありませんし、その後どのように
なったかは、わかっていません。


もし、感染者だと判明すれば
日本では結構あわてて動くし、
またいろいろなところに影響が
出てくるので感染者が出ても
慎重になっていることも考えられます。


隠ぺいといことも考えられますが
必ず情報はもれるので
どこかでその情報が流れると思います。


エボラ出血熱はこのまま放置すると
150万人くらいの人が死亡する
といわれ、終息の事態を早く
迎えてほしいと思うでしょう。


日本ももしものというより
感染者が見つかったときの
対処や、今後どのような
ことをしていくか考えなければなりません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

エボラ出血熱 症状の初期はどのようなもの [感染]

今アフリカで猛威を振るっている
エボラ出血熱ですが、このまま
終息となるのか心配です。


そのエボラ出血熱ですが感染すると
初期の症状があらわれます
それはどんなものなんでしょう。


感染しても潜伏期間が一週間くらいあり
そのご症状が出てきます。


その初期ですが、発熱や寒くなったり、頭痛 筋肉痛、下痢、嘔吐など普通の風邪と
良く似た症状でこの時にかかっても
エボラ出血熱とは思わないかもしれません。


さらに症状が進行すると皮膚や消化器官
口の中から出血し、ここでエボラ出血熱と
判断され手遅れで亡くなる人も多いみたいです


初期の段階で発見し治療をすると
まだ回復する可能性は高いということにもなります。


初期の症状で脱水症状や痛みなどがあるため
ビタンミン剤や鎮痛剤などを与え、また点滴などを
して、症状をおさえるようです。


今はアフリカでの感染が主ですが
今後日本に入ってくることは
ないかと思われますが
無いとはいいきれないでしょうね。


それはこれだけ外国からの観光客などが
多く、行き来をしているので
可能性といえばないとは言い切れないからです。


しかし、アフリカと違い医療施設が 進んでいて、隔離なども出来るので
広がる確率は低いと考えられます。


どんな症状でも初期で処置することは
当然、感染や重症化を防げるので
今後治療薬やワクチンが出来ればいいですね。














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

デング熱の 症状を 治療する薬がないのはなぜ? [感染]

デング熱まだまだ感染者が
増える傾向にありますね。


タレントなど代々木公園にいた
人たちが感染し症状が出てきてます。


デング熱は初め高熱が出て
その後、発疹が出てきます。
また高熱は3日から1週間続くと
されています。


症状がひどくなるとデング出血熱となり
鼻や口から出血をするといわれ
さらにひどくなると死に至るとそうです。


これはデングウイルスが血液を
固まるのを阻害するためだと
思われています。


デング熱にかかると
ワクチンなどの治療薬がなく
自己治癒力に頼るしかありません。


熱帯地方では一般的に
感染するデング熱の治療薬が
なぜないのかということです。


デング熱だけではなく、一般に熱帯地方の
病気に関するワクチンなどは少なく
研究も余り進んでいないとされています。


それは治療薬を開発しても
熱帯地方の国は開発途上の国が
多く、治療費が払えるのか
ということで余り進んでいないのです。


やはり治療薬を開発するには
莫大な研究費を使うため
その研究費に見合った薬の
売り上げが期待されないからです。


ただし、デング熱にかかっているか
どうかを調べる検査キットはあるそうで
海外では一般的に販売をされているそうです。


しかし、日本ではまだ認可されていないでの
この検査キットは手に入りません。


症状としては高熱が3~1週間続くので
高熱が続いているようだったら医者にいって
受診するのがいいですね。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

デング熱 埼玉で発症 場所はどこ? [感染]

今、日本で国内発症のデング熱の患者が
見つかりましたね。


海外に行き帰ってきたから
発症するという例は毎年あるようですが
海外にいかなかった人が発症するのは
70年ぶりだそうです。


最初の感染者は埼玉県在住
後から感染した2人は
男性は東京で、女性は埼玉在住だそうです。


感染場所は代々木公園ということに
なっていますが、3人は同じ学校なので
最初に感染した人からその二人は
うつったと考えられています。


デング熱に感染した人に人
刺した蚊はそんなには長生きは
しないようで、もう死んでいるかも
しれないとのことです。


しかし、それは憶測なので
疑いのあった場所の代々木公園には
殺虫剤がまかれ、駆除を行ったそうですが
デンギ熱を持った蚊に見つからなかった
そうですね。


デング熱は人から人への感染は
なく、ヒトスジシマカが媒体になって
感染をする。


今は温暖化の進みこのヒトスジシマカ
生息が北の方まで伸びていて
東北全体まで、生息可能地域になっている。


またこのデング熱は治療薬やワクチンがなく
重症化すると出血したりして死亡することも
あるそうです。


ただこのヒトスジシマカは越冬が出来ず
卵にもウィルスの感染がうつらないので
限定された場所での発症として
見られていて、広範囲にわたって
感染は無いと思われています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。